土木 女

女性でも土木やっていけてます♪

 

女が土木の現場で仕事できる?やっていける?と思っているかもしれませんが、

 

わたしも今の土木の仕事を始めるまでは、周りに土木をやっている友達がいなかったので、女が土木できる?と思っていました。

 

 

統計的に、全体の3%の10万人が、土木業界で働いていて、ちょこちょこ女性をみかけます。

 

最近は、とくに女性でも土木の仕事をやりたい人が増えたみたいで、若い子もみかけます。

 

事務の仕事から土木に仕事を変えたヒトもいるみたいです(-_-)

 

ここでは土木関係の仕事に興味をもっている方にわたしが知っていることなどをご紹介できればと思います♪

 

目次

 

1.土木で女性ができる仕事とは?〜どんな仕事があるか知りたい

3.土木関係の求人の探し方〜土木求人のチェックポイントは!?

4.お勧めの求人サイト

5.女性が土木で働くときの注意点〜よく言われる5つのポイント

 

1.土木で女性ができる仕事とは?〜どんな仕事があるか知りたい

 

では、実際に女性ができる土木の仕事にはどんなものがあるのかご紹介します。

 

1-1 現場補助

 

わたしも最初はそうでしたが、女性が土木を始めた当初、お願いされる仕事は力がなくてもできる仕事のことが多いです。

 

どんな仕事かというと、

 

男性の作業員の仕事のサポートになります。

 

  • 各種道具の準備と片付け
  • 周囲の掃除
  • 測量や玉掛作業の手伝い
  • 休憩の段取り買い物

 

会社や現場によって、仕事内容は変わることがありますが、土木の現場補助はこういった仕事内容です。

 

女性でも腕力のある方は、重い物を持ち運ぶ人もいます。むしろ、最近の若い子は男性顔負けというぐらい力のある方の割合が多いような気がします。

 

現場の補助でも、お給料は日給:8000円〜10,000円ぐらいでした。

 

1-2 機械土工

 

現場補助や現場の力仕事以外には、機会土工という仕事があります。

 

  • ショベルカー
  • クレーン
  • 振動ローラー

 

などの重機を現場で扱う人のことです。

 

重機を使うので、力が必要なく、慣れれば運転は女性でもできます。

 

ただし、重機は、扱う機械の免許を取らないといけません。ショベルカーだと、車両重量の違いで資格が2種類に分かれています。

 

  • 3トン未満が「車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習」
  •  

  • 1トン未満が「小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転の業務に係る特別教育」

 

講習を受講したあとに実技練習をすることで取得することができます。こういった免許の数を増やすことで現場に対応した重機を扱えるようになります。

 

ショベルカー以外にも、他の重機の免許も持っていると、いろいろな現場で機会土工として活躍することができます。(いろいろな現場で力仕事をしなくてすみます。)

 

機械土工になると正社員で月収:24万円〜ぐらいです。日給計算すると約20,000円になります。

 

1-3 現場監督

 

最後に、現場監督です。現場監督は、工事現場全体の進捗管理などを担当する仕事です。

 

現場監督は、現場のトップで、現場の力仕事や機会土工を経験した人がなれるポジジョンです。最低でも実務経験を3年以上積むことで、中小規模工事の現場監督ができるようになります。

 

これまでの現場作業員や機械土工の経験が必要なのは、もちろんですし、いろいろな現場監督をする上では施工管理技士の資格などを持っていると有利です。

 

 

2.女性が土木で働くメリットとは?

 

2-1 お給料がいい

 

土木の現場で働けるなら、土木の事務の方よりお給料が高いです。勤務する会社によっても変わると思いますが、わたしは20万円超えています。(今は機械土工やってます)

 

普通に女性でお給料が20万円を超えている人も少ないと思うので、土木の現場は、普通よりも稼げます。

 

2-2 資格があれば男女関係なく評価してもらえる

 

土木の仕事というと、力仕事だけのイメージがあるかもしれませんが、そんなことがありません。

 

さきほど、紹介したように重機を使う仕事だってりますし、現場の監督になれば、作業することはほとんどなく、工事全体を管理になります。

 

資格をもっているだけ、重機の仕事ができる、できないがあるので、土木の世界では、資格は大切です。仕事ができれば、男女関係なく仕事を評価してもらえます。

 

2-3 女性というだけで優しくしてくれる

 

土木の現場には、まだまだ女性が少ないです。そんな中に女性がいると周りの男性から注目されますし、優しくしてくれます。(※若い方のみ)

 

ただ、中には扱いにくいと煙たがる男性もいますが、大抵は優しくしてくれるので、気分よく仕事ができます(^^)

 

 

3.土木関係の求人の探し方〜求人のチャックポイントとは!?

 

ネットで求人をさがすのが当たり前になっていますが、女性OK!など書かれた土木の求人はそんなにないです。

 

そんな土木の求人を探すときにはポイントがあります。

 

3-1 建築でもさがす

 

土木求人を探すときに大切なのが、「建築」でも探すことです。

 

土木という言葉の意味が幅広く世間に広まっているので、厳密にいうと建築の求人でも土木が混じっています。

 

なるべく条件のいい、且つ、女性を受け入れている会社に入ったほうが絶対にいいので、幅広く求人を探すためにも、建築の業種でも探したほうがいいです!

 

3-2 女性を受け入れそうか見分ける

 

求人を見ているだけでは、女性OKなど書かれているものは少ないです。

 

そのときに見たいのが、男女比と掲載写真です。

 

土木や建築の求人で男女比が半々なら上出来ですし、7:3ぐらいでも望みがあります。10:0のところは入っても男性しかいないことを考えると止めておいたほうがいいかもしれません。

 

使っている写真が、その会社の写真で女性が映っているなら、女性社員がいることが分かりますし、採用のハードルは、全員男性の会社よりも低いはずです。

 

時間も労力も無限ではないので、女性でも受け入れてくれそうなところから集中して応募したほうがいいです。

 

4.お勧めの求人サイト

 

4-1 LINEバイト

土木の求人を見つけるなら、LINEバイトが良かったです☆

 

新しいバイト求人サイトですが、土木の求人が豊富ですし、女性の画像と使っているところは女性向けの求人と思ってガツガツ応募していました。

 

女性の画像がない場合でも、条件がいいところは、事前に電話して、女性でもOKと言われたところは応募したりもしていました♪

 

どこのサイトで求人を見つけようか迷っているなら、LINEバイトで探すといいですよ(^^)

 

≫≫ LINEバイトの詳細はこちら

 

4-2 バイトル

あとバイトルもおすすめです!

 

あとサイトが使いやすいので、土木の求人を絞りやすいです。求人毎に男女比が分かるようになっているので、男女比が10:0でないなら、女性でも働いている可能性がありますよ☆

 

不安な方は、応募前に電話で確認するといいです。

 

≫≫ バイトルの詳細はこちら

 

4-3 タウンワーク

最後にお勧めなのがタウンワークです!

 

こちらも知名度が高く、求人数が豊富です。わたしはバイ
トで見つからないときはタウンワークで探すという方法を取っていました。

 

少しでも良い求人を見つけたいならタウンワークもみたほうがいいです☆

 

≫≫ タウンワークの詳細はこちら

 

5.女性が土木で働くときの注意点〜よく言われる5つのポイント

 

女性が土木で働くのは、昔よりも環境が整ったと言われていますが、現場によってはその環境が整っていないときもありますし、ほかにも女性が、現場で土木の仕事をやる上で知っておいたほうが良い注意点があります。

 

5-1 天候の影響をもろに受ける

 

土木の現場作業員は、ほとんど外での仕事になります。そのため天候の影響を体にダイレクトに受けます。

 

夏は炎天下の中で長袖長ズボンで作業するため、汗びっしょりになりますし、長袖をきていても手の甲などは日焼けします。

 

冬は乾燥したなかで冷たい風に吹かれながら仕事をするので、顔の乾燥がひどくなります。

 

わたしのように外で過ごす人が好きな人はもしかしたら問題ないかもしれません(^^)

 

5-2 トイレ事情がよくない

 

土木や建築業界では女性の働き手も増えてきましたが、まだ労働環境が整っていません。

 

その代表的なのがトイレです。現場には男性用のトイレしかなく、女性は大をするトイレを使わざるを得ません。そのトイレもお世辞にもきれいとは言えません。

 

ごくまれにトイレがない現場もあります。そういったときはひと目につかないところで用をたすこともあります(-_-)

 

作業員だと、無断で現場を離れることは絶対にできないので、現場監督の方には、ひとこと言ってトイレにいくのですが、男性にお手洗いに行くことが恥ずかしいとか思うなら、とてもじゃないけど、この仕事はできません。

 

5-3 休みが少ない

 

土木の仕事は天候に左右されるので、大雨の日は休みになることが多く、基本的には日曜日は休みです。土日・祝日は仕事しています。ただ、工事の進捗が思わしくないときは、土日でも出勤して工事を予定どおりに行わないといけないときもあります。

 

請け負った仕事が、学校の改修工事だと、夏休み中に終わらせないといけません。道路関係(高速・歩道橋)も日曜日休みです。

 

5-4 お給料が変動する

 

バイトのときは、天候によっては仕事がなくなるときがあるので、お給料が下がるときもあります。正社員になれば、天候によってお給料が変動することはありません。

 

5-5 仕事には覚悟が必要

 

上のふたつが大丈夫と思えたら、あと「覚悟」があれば、土木の仕事はやれると思います。

 

最初は仕事を覚えるまでそれになり大変ですし、スキルアップするためには資格の取得も必要です。

 

それでもわたしでもやれているのでほかの人も覚悟があれば大丈夫なはずです!

 

6.土木で働いた感想

 

と、いろいろここまで書きましたが、結局、土木で働いてどうなの?いろいろ言わずに感想が聞きたい!という方は、以下にわたしが土木で働いてみた感想を本音で書いてみたので、をお読みくださいm(_ _)m

 

6-1 ヒトの役に立てるのがいい

 

わたしは土木の仕事は自分がやった仕事が直接人の役に立てるところが好きです。

 

道・橋・水道管の整備はそこに住んでいる人の生活に直接かかわってきますし、近くを住んでいる人に工事中にお声がけ頂いて、感謝を伝えられると、こんなにやりがいを感じる仕事はありません。

 

土木の仕事は、自分の仕事が直接だれかの生活のために役立っている実感がもてる、これがわたしを土木を続けている理由です。

 

6-2 お給料がいいかもしれない

 

あと働いている時間が長いので当然なのですが、ほかの仕事よりも少しお給料がいいです。(※同年代の事務の女の子と比べた場合)

 

ただこれは会社によっても違うと思いますし、仕事内容によっても変わってきます。資格をどれだけもっていて、どんな土木の仕事をしているかに寄ると思います。

 

現場作業よりも機械土工のほうが資格を持っているということで手当がつきます。現場監督になれば、また上がります。

 

6-3 体力的にきついときもある

 

男性でも仕事終わりはクタクタになって家に帰っている人もいるぐらいです。また男性とは体の作りがちがうのでそういった点でもきついときはあります。

 

でも生活を工夫すればやれないことないですし、わたしも気づいてみたら、もうベテランさんになっています(^^)

 

6-4 将来は独立したい!

 

で、わたしの将来の目標は独立することです。

 

土木の世界で女社長は本当にいないです。お父さんの会社をそのまま継いだ娘さんがいらっしゃいますが、ほとんどはその旦那さんが継いでいるので、土木の会社で女社長は少ないです。

 

わたしはその女社長になりたいと思っています!

 

まだまだ社長の仕事がどんなものかも分かりませんが、今の仕事を完璧にできるようになってから少しずつ学んでいきたいと思っています(^^)

 

これから土木の世界に入りたいと思っている女性もいると思いますが、決して優しい世界ではないです。

 

でも、それ以上に、現場は楽しいですし、やりがいを感じられる仕事でわたしは好きです。

 

自分の人生なので、やたりたいと思った仕事をやってみるといいと思いますよー☆